「軋み」

(エヴァ・ビョルク・アイイスドッテイル:アイスランド)
(小学館文庫 2022)

アイスランドミステリー。
首都レイキャビクをフィヨルドの湾を隔てて望む町。
都会じゃない、みんな知り合い、こども時代も知ってる。

故郷に戻ってきた警官。ずっと疎遠だった故郷の海岸で殺されていた女性。

原題は、「THE CREAK ON THE STAIRS」。冒頭は、その「軋み」を聞く少女。

暗い、と言えば暗い。陽光燦々と降り注ぐわけじゃない。でも行ってみたい、まず夏に。

ChatGPの説明は→

“The Creak on the Stairs” is a psychological thriller written by Icelandic author Eva Björg Ægisdóttir. Published in 2018, it is the first book in the Forbidden Iceland series.

The novel revolves around the character of Elma, a newly promoted police detective who returns to her hometown in Iceland after a failed relationship. She becomes involved in a complex murder case when her childhood best friend goes missing and is later found dead. As Elma delves deeper into the investigation, she uncovers dark secrets and hidden connections within her tight-knit community.

“The Creak on the Stairs” is a gripping and atmospheric thriller that skillfully blends elements of Nordic noir with psychological suspense. The author weaves a tale of suspense, drawing readers into the dark and moody setting of the Icelandic landscape. The novel explores themes of trauma, secrets, and the haunting effects of the past on the present.

Eva Björg Ægisdóttir’s writing style is immersive, with vivid descriptions that bring the Icelandic setting to life. The pacing is well-balanced, gradually building tension and suspense throughout the story. The characters are well-developed and relatable, and the complex dynamics between them add depth to the narrative.

One of the strengths of “The Creak on the Stairs” is its exploration of Elma’s personal journey as she confronts her own demons while trying to solve the murder case. The novel also touches on social issues, such as domestic abuse and the treatment of women, adding layers of depth to the story.

Overall, “The Creak on the Stairs” is a compelling and atmospheric thriller that keeps readers engaged from beginning to end. With its well-crafted plot, intriguing characters, and evocative setting, it is a promising start to the Forbidden Iceland series and a recommended read for fans of Nordic noir and psychological suspense.

googl翻訳で翻訳すると→

<事実>

<事実認識> 赤字事実誤認

<いろいろ集積したものか>

「The Creak on the Stairs」は、アイスランドの作家エヴァ・ビョルグ・エギスドッティルによって書かれた心理スリラーです。 2018年に出版されたこの本は、「禁断のアイスランド」シリーズの最初の本です。

この小説は、恋愛関係に失敗した後、故郷のアイスランドに戻ってきた、昇進したばかりの刑事エルマというキャラクターを中心に展開します。 幼なじみの親友が行方不明になり、その後死体となって発見されたことから、彼女は複雑な殺人事件に巻き込まれる。 エルマは捜査をさらに深めるにつれて、緊密なコミュニティ内の暗い秘密や隠されたつながりを明らかにします。

「The Creak on the Stairs」は、北欧ノワールの要素と心理的サスペンスを巧みに融合させた、魅力的で雰囲気のあるスリラーです。 著者はサスペンスの物語を織り交ぜ、アイスランドの暗く不気味な風景に読者を引き込みます。 この小説は、トラウマ、秘密、そして現在に対する過去の忘れられない影響などのテーマを探求しています。

エヴァ・ビョルグ・エイギスドッティルの文体は没入型で、アイスランドの背景を生き生きと描写する鮮やかな描写が特徴です。 ペースはバランスが良く、物語全体を通して徐々に緊張感とサスペンスを高めます。 キャラクターはよく発達していて共感しやすく、キャラクター間の複雑な力関係が物語に深みを与えます。

『The Creak on the Stairs』の長所の 1 つは、殺人事件を解決しようとしながら自分自身の悪魔と対峙するエルマの個人的な旅を探求していることです。 この小説は家庭内暴力や女性の扱いなどの社会問題にも触れており、物語に深みを与えている。

全体として、「The Creak on the Stairs」は、最初から最後まで読者を惹きつける魅力的で雰囲気のあるスリラーです。 よく練られたプロット、魅力的なキャラクター、刺激的な設定を備えた本作は、「禁断のアイスランド」シリーズの有望なスタートであり、北欧ノワールと心理サスペンスのファンにお勧めの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました