「風神雷神 Juppiter, Aeolus」

(原田マハ:2019 PHP研究所)
付記(参考文献)にある通り、「クアトロ・ラガッツイ 天正少年使節と世界帝国(上・下)」(集英社文庫2008)に負うところが大きいのだろう。
それを読みたい。

ChatGPの説明は→

“風神雷神 JUPPITER, AEOLUS” by Maha Harada is a novel that intertwines elements of Japanese mythology, history, and science fiction. It is a sequel to her earlier work “風神雷神” (Fūjin Raijin), expanding on the themes and characters introduced in the previous book.

In “風神雷神 JUPPITER, AEOLUS,” Harada continues her exploration of the divine beings Fūjin and Raijin, who represent the gods of wind and thunder in Japanese mythology. The novel likely delves deeper into their stories, shedding light on their backgrounds, motivations, and their interactions with the human world.

The inclusion of “JUPPITER, AEOLUS” in the title suggests that the narrative might incorporate elements of Roman mythology as well, as Jupiter is the equivalent of the Greek god Zeus and Aeolus is the god of the winds in Roman mythology.

Maha Harada is known for her unique blend of mythology, history, and speculative fiction, and her works often challenge conventional storytelling boundaries. If you enjoy imaginative narratives that combine mythological elements with a contemporary twist, “風神雷神 JUPPITER, AEOLUS” might be an intriguing read.

googl翻訳で翻訳すると→

<事実>

<事実認識> 

<いろいろ集積したものか>

原田マハの『風神雷神 JUPPITER, AEOLUS』は、日本の神話、歴史、SF の要素が絡み合った小説です。

これは彼女の初期の作品「風神雷神」の続編であり、前著で紹介されたテーマとキャラクターを拡張したものです。

『風神雷神 JUPPITER, AEOLUS』では、原田は日本神話の風と雷の神を表す神的存在、風神と雷神についての探求を続けています。 小説はおそらく彼らの物語をより深く掘り下げ、彼らの背景、動機、人間世界との相互作用に光を当てます。

タイトルに「JUPPITER, AEOLUS」が含まれているのは、ジュピターがギリシャの神ゼウスに相当し、アイオロスがローマ神話の風の神であることから、この物語にローマ神話の要素も組み込まれている可能性があることを示唆しています。

原田マハは、神話、歴史、推理小説を独自にブレンドしたことで知られており、彼女の作品は従来のストーリーテリングの境界に挑戦することがよくあります。 神話の要素と現代的なひねりを組み合わせた想像力豊かな物語が好きな人には、『風神雷神 JUPPITER, AEOLUS』が興味深い読み物になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました