「コンパートメントNo.6」

(2021 フィンランド・ロシア・エストニア・ドイツ)

体にくる。

こんなコンパートメントで幾晩も過ごしたら、相当痛い。

おまけに外は猛烈に寒い。

こんな男と同室で、「日本語で「好きだよ」はなんて言うの」と聞かれたら

私だって「バカヤロー」って教えてやる。

フィンランド映画を見られるなんて、シアワセ。

体にくるけど、また来たら、行く。

ChatGPTの説明は→

“Compartment No. 6” is a Finnish film directed by Juho Kuosmanen. It premiered at the Cannes Film Festival in 2021 and received critical acclaim. The movie is based on the novel of the same name by Rosa Liksom.

The film follows the story of a young Finnish woman named Laura, who is traveling on a train from Moscow to Murmansk. She ends up sharing a compartment with a Russian man named Ljoha, and despite their initial differences and language barriers, they form an unlikely connection as they journey together through the rugged landscapes of Russia.

“Compartment No. 6” is a contemplative and introspective film that delves into the themes of human connection, loneliness, and the shared experiences that can bridge cultural and language gaps. The movie beautifully captures the vast and desolate landscapes of Russia, immersing the audience in the characters’ journey.

The performances by the lead actors, Seidi Haarla and Yuriy Borisov, are compelling and bring depth to their characters. The film’s direction by Juho Kuosmanen creates an intimate atmosphere, allowing the audience to experience the emotional journey of the protagonists.

Overall, “Compartment No. 6” is a thought-provoking film that explores the power of human connection and the transformative nature of travel. It is a visually stunning and emotionally resonant movie that deserves recognition for its unique storytelling and engaging performances.

google翻訳で翻訳すれば→

<事実>

<事実認識>

<いろいろ集積したものか> 

『コンパートメント No.6』は、ユホ・クオスマネン監督のフィンランド映画です。 2021年のカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、批評家から高い評価を得た。 この映画はローザ・リクサムによる同名の小説に基づいています。

この映画は、モスクワからムルマンスクまで列車で旅行するローラという若いフィンランド人女性の物語を描いています。 彼女は結局、リョハという名前のロシア人男性と同じ部屋になる。最初は違いがあり、言葉の壁もあったが、ロシアの険しい地形を一緒に旅するうちに、二人は思いがけないつながりを築いていく。

「コンパートメント No.6」は、人間のつながり、孤独、文化や言語のギャップを埋める共通の経験などのテーマを掘り下げた、瞑想的で内省的な映画です。 この映画はロシアの広大で荒涼とした風景を美しく捉えており、観客を登場人物たちの旅に引き込みます。

主演のセイディ・ハーラとユーリー・ボリソフの演技は説得力があり、キャラクターに深みをもたらしています。 ジュホ・クオスマネン監督によるこの映画は、親密な雰囲気を作り出し、観客は主人公たちの感情的な旅を体験することができます。

全体として、「コンパートメント No. 6」は、人間のつながりの力と旅行の変革的な性質を探求する、考えさせられる映画です。 この映画は、視覚的に美しく、感情に共鳴する映画であり、そのユニークなストーリーテリングと魅力的なパフォーマンスが評価されるに値します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました